マンションを高値で売るコツ

このページでは今保有しているマンションをなるべく高く売る方法について考察しています。

まずはマンションを高値で売りたい方におすすめの3つの方法をご紹介します。

point1水周りの修繕

1点目は、水回りを修繕することです。
今やインターネットで不動産売買をする人が増えています。

インターネットで条件検索をする際、水回り改装済みで検索する人も多いので水回りだけでも改装してあると不動産側も買いやすいものです。

水回りを改装するにはあまりお金もかからないので、補修してから売ることをおすすめします。

point2ハウスクリーニング

2点目は、若い夫婦に好まれるよう安価ながら全面ハウスクリーニングをすることです。
最近、団地などでよく取られている手法です。(団地・一軒家で有効)

有名家具メーカーとコラボし、安価で全面リフォームし若いファミリー層向けに団地を売りはじめています。
この団地のように、安価ながら全面リフォームをし、例えば、和室の畳を取りフローリングにし、押し入れは大型収納にするなどお持ちのマンションを全く異なるテイストに変えれば、不動産にも高値で売ることが可能です。

しかも、今は若い方達の間でDIYが流行っているのでこの全面リフォームも驚くようなアイデアで驚くほど安く仕上がるのです。
よく調べ、良い業者にリフォームを頼むことが大切です。

point3近所の不動産屋に依頼

3点目は、所有マンションの近くで効果的な宣伝をすることです。

所有マンションの近くの不動産業者に宣伝を依頼します。

子供が学校に行き始めると転校させるのは嫌なので学区内でもう少し広いマンション、あるいはもう少し安いマンションに移りたいと思っている家族は案外多いものです。
所有物件の近くの不動産屋に宣伝を任せることで、遠くの不動産には届きにくい買い手をさがすことが可能です。

マンションを高値で売るためのポイントは、水回りの修繕、全面安価でクリーニング、マンションの近くで上手に宣伝するの3点です。

高値で売却するには買取と仲介のどっちがいいの?

マンションをとにかく高値で売りたい!

せっかく手に入れたものを手放すのですからみんな少しでも高く売りたいと思うのは当たり前でしょう。

しかし、なかなか希望通りしかないのも現実です。
少しでも高く売るために出来ることを考えてみます。

そもそもマンション売却といっても二つの売却の仕方があります。

それは「仲介(ちゅうかい)」と「買取(かいとり)」です。

どちらも不動産屋が関係してくるのですが、仲介は不動産屋に自分のマンションを買い取ってくれる人を探してもらいます。
買取りは不動産屋に自分のマンションを買い取ってもらいます。

●買取のメリット

さて、どちらがいいのか、ですが、早く売却したいなら買取です。
不動産屋に査定してもらい、あなたが納得すれば買い取ってもらえます。

数社聞いてみるとそれなりに価格にばらつきも出てくるでしょう。
一番高い不動産屋に売却すれば、比較的短期間で確実に売却することが出来ます。

しかし、買取はあくまで不動産屋の提示金額になります。

あなたの希望金額ではありません。

●仲介のメリット

反対に仲介であれば、あなたの希望金額で買い取ってくれる人を探してもらいます。
もちろん時間がかかるかもしれません。

日数はかかりますが、あなたの希望金額で買い取ってもらおうとするのが仲介です。
売買成立後に仲介料は取られますが、それでもあなたの納得する金額で買い取ってもらえるでしょう。

もし急いでいないのであればまずは仲介での売却を検討することをオススメします。
納得できる金額で売却できるよう、頑張りましょう!

マンション売却で失敗しない2つのポイント

ilm2007_02_0126-sマンションを保有している方の中には、売却を検討されている方も多いかもしれません。

しかし、マンションの売却が初めてという方は、せっかくの財産を安く買い叩かれしまうのではないかと心配で、なかなか実際の売却まで踏み切れずにいるというケースも多くみられます。

しかし、一般的に不動産は時間の経過とともに価値が低下してしまいますので、売却を決めたのであれば早い段階で売却の手続きに入ることが重要です。

そこで、以下では少しでも高くマンションを売却するためのポイントについてご紹介します。

point1スケジュールには余裕を持つ

マンションの売却で最も重要なことは余裕を持った売却スケジュールです。

不動産は、買い手が見つからなければ、いくら売りに出したとしても意味がないため、買い手が現れるまで待つことのできる時間的・経済的な余裕が必要です。

逆にスケジュールに余裕がないと、すぐに売出価格を下げてしまったり、場合によってはかなり割安で業者にそのまま売却してしまうという事態になってしまう可能性もあるため注意しておきましょう。

point2業者選びを慎重に行う

不動産業者を選ぶ際に注意しなければいけないのは、高い評価額を付けてくれる業者が一番良い業者とは限らないという点です。

先程も述べたように評価額はあくまで評価額でしかなく、実際に買い取ってくれる人が見つからなければ、その額から徐々に安くしていくしかありません。

そのため、業者を選ぶ際には評価額の高さではなく、「どれだけの売却実績があるか」、「住んでいる地域に詳しいか」といった2点に注目しておくことをオススメします。

マンション査定は机上査定と訪問査定の2種類があります

誰しもマンションを売りたいときは出来るだけ高い価格の方が良いものです。
そんな時に買主様を探してくれるのが不動産会社です。

不動産会社では売主様と買主様と仲介しています。
マンションの売却を依頼すると、自社のホームページや不動産ポータルサイト、街の看板、新聞のチラシなどで広告します。

その時に価格を表示しますがその価格を決めているのが不動産会社の査定です。
しかし一社だけのお見積りではその地域のマンション相場に合っているのかどうか分かりません。

そこで不動産の一括査定サイトを活用します。
一度の入力だけで複数社に売りたいマンションの査定を依頼することが出来ます。

複数のお見積りを比較することで、ある程度のマンション相場が分かります。

査定には「机上査定(きじょうさてい)」と「訪問査定(ほうもんさてい)」の2種類があります。

●机上査定

机上査定は一括査定サイトの査定お申込フォームで入力された情報で価格を判断する概算のお見積りです。
あくまでも簡易的な査定ですが、相場を知りたいときに役立ちます。

●訪問査定

具体的に売れる価格を知りたいときは訪問査定を依頼します。
マンションがある現場まで査定スタッフが指定日時にお伺いして、物件を細かく調査し、正確に売れる価格を提示します。

まずは複数の机上査定を比較してみて、一番高い査定を出した不動産会社、一番信頼してお任せできると思った不動産会社に訪問査定を依頼すると良いでしょう。

机上査定を依頼したら必ず売却しないといけないという事はありませんので気軽に依頼して構いません。

マンションを売る時の流れについて

初めてマンションを売却したい時に、何をすれば良いか解らず困るという事はあります。

流れとしては査定を行い、売却して、引き渡しを行うという事になりますが、売却したいと思って査定に出すにしても相場も知らずに行えば、何が基準でどう判断して良いのか困ります。

査定に出す前に必ず自分のマンション相場がどれくらいのものか調査して、査定される価格に対してどう対応するかの準備を行っておく事が重要です。

まずは相場を知る事が第一歩になります。

そして不動産業者に査定を依頼します、一社だけで査定してもらわずに複数の業者に一括査定依頼するのが望ましいです。

不動産業者の査定と、自分の希望価格を照らし合わせて売値を決定させる流れを取ります。

その後媒介契約を結び、その業者さんが売却活動を開始してくれる事になり、購入希望者とのやりとりを行ってもらえます。

自分の希望価格と市場価値が開いていると宣伝しても何時までも買い手が見つかりませんから、その辺りは市場のニーズに対応して、価格の見直しを行うのが望ましいです。

購入者が見つかれば、仲介業者を仲介して支払いの方法や引き渡し方法等の詳細の部分をつめていきます。

①売りたい物件の住所を入力して無料診断

②全国1000社の不動産屋から自動査定

③3~5社程に絞り込み交渉スタート

売買契約を交わし、手付金を受け取れば契約成立となります。

いずれにしてもポイントは査定価格を調べて、専門業者がいくらで査定評価をして売る気があるか、信頼出来る業者を見つける事が、上手く売却を行う事に繋がるのは間違いありません。

業者選びがキーポイントになるので、この部分に関しては妥協せずに選別するようにした方が納得のいく取引に繋がるでしょう。