マンションは借りたほうが将来的なリスクは低い

マンションを買う道を選択するかそれとも借りる道を選択するかは、頭を悩ませる二択です。必ずしもどちらが正解と言い切れるものではなく、住んでみないとわからないことも多いです。ですが、マンションを買うのと借りるのとでは、借りる方がどちらかといえばリスクは低いです。

 

マンションを買うことのリスクは、そのマンションの価値が将来どうなるかわからない点にあります。もしもそこそこの値段で無理をしてマンションを買ってしまった場合、その後価値が大暴落したとき損をしてしまいます。普通に考えたらそこまで暴落することはあり得ないのかもしれませんが、それでも時間が経てば価値は次第に落ちていくのは避けられないです。

 

その点借りた場合では、毎月一定の賃料を支払わなければならないものの、たとえマンションの価値が落ちたとしても、そのときは新たな場所へ引越せば良いだけです。つまり、マンションを借りたほうが将来的に融通が利きやすいです。買ってしまった場合はそのマンションを売って他のところに住もうとしても、価値が暴落していたら大した売値にはならなくなってしまいます。その場合は大損することを覚悟しなければなりません。

 

マンションを借りて賃料をずっと支払うのは抵抗があると考えてしまうかもしれませんが、借りたほうがフットワークを軽くできるのは良い点です。自己都合で急にどこかへ引越さなくなっても別にそれほど困らないですし、よほど強いこだわりがない限りマンションは借りたほうが将来的なリスクは低いです。

マンションは購入か賃貸がどちらがお得か?

多くの方が関心を持っているのが、マンションは購入か賃貸かどちらにすべきか!ということでしょう。やはり、田舎から都心のマンションへと引越しする場合、どうしてもどっちにすべきか悩むはずです。マンションを購入すれば、それは当然購入者の物となりますし、賃貸なら所有物ではないために、何年経っても賃貸料を支払わなければなりません。

 

しかし、マンションの購入となると、安くても都内なら3000万円前後はかかることが多いために、その購入費用を用意するのが大変です。芸能人の方々やお金持ちの人だと一括で支払うことも可能ですが、ほとんどの方々がローン払いで20年や30年かけて返済していく場合が多く、マンションの購入はそう容易なことではありません。

 

そのために、マンションは購入すべきか賃貸にすべきか非常に悩ましい問題ですが、そこは収入や生活状況によって決めるしかないでしょう。

 

年収がある程度保証されていて仕事も安定している人でしたら、マンションの購入を検討してみるのも良いと思います。収入はまだまだ多くなくて同じ場所にずっと住むかわからないという人であれば、賃貸マンションにするほうが良いのではないでしょうか。生活環境やその当事者次第・収入次第というのが大きいでしょう。

 

マンション契約の際は、管理人の方が安心できる人かどうかという点や、何か不都合があったときにすぐに対応してくれるか、それらもよく加味しておく必要があると思います。
マンションの購入はかなり高い買い物であるので、できるだけ慎重になって決めるようにしてください。

不動産を高く売るなら国土交通省の土地総合情報システムで取引価格を知ること

不動産をなるべく高く売るなら取引価格を知る事が重要です。
不動産を売る時は売却価格を付けて街の看板や広告チラシ、インターネットなどで宣伝し買主様を探す事が必要です。

 

この時の売却価格が高すぎると中々買主様が見つからず、低すぎると買主様はすぐに見つかるものの売主様が損をしてしまいます。
バランスの取れた売却価格を設定したいところですが、そんな時に取引価格を知っていると高く売りたい時に役立ちます。

 

取引価格は実際に不動産取引が成立した時の価格です。

不動産は売主様と買主様の両方が納得しないと成立しない取引です。

 

取引成立しやすい売却価格はどれくらいなのか迷った際、この不動産の取引価格を参考にすると分かり易いです。
この不動産の取引価格は国土交通省の土地総合情報システムにて検索が出来ます。

 

インターネットに接続できるパソコンがあれば24時間いつでも検索が出来て便利です。
まずはサイトにアクセスし不動産取引価格情報検索をクリックします。

 

検索ページにて時期や種類や地域などを選び、検索すると該当する不動産の情報が出てきます。
不動産の所在地や最寄駅からの距離、取引総額、建築年など様々な情報の閲覧が可能です。

 

取引価格を比較する時は売りたい不動産と似たような条件の不動産を選ぶ事が重要です。
もし条件が離れすぎていると参考にならない事があります。

 

都市部は比較対象となる不動産が多いですが、地方では少ない可能性があるため不動産のある地域によっては上手く比較できない事があります。

売買契約にいたるまでの基本的な流れを知っておこう

まず、不動産を売却したい場合には複数社から見積もりを取ることがスタートです。
実際に不動産会社が権利上や法令上、問題ない物件かどうか、周辺の状況はどうか、物件の痛み具合なども調べた上で査定価格を出してくれます。

 

この段階では売主は特に書類は必要ありません。
しかし、売却価格に関してはここが大きなポイントになります。

 

とにかく複数社の見積もりをとるようにしましょう。
先方も会い見積もりになっていることは理解していますので失礼でも何でもありません。

 

こうして、不動産会社が着あったら、次は不動産会社との媒介契約です。

3つの媒介契約の種類がありますが、ここは不動産会社の説明を聞いたうえでどれを選ぶのか決めればよいと思います。
ここからは、不動産会社が買主を見つける営業活動に入るわけです。

 

要するにいくら高い査定価格が出たとしてもここで販売網が薄ければ、なかなか買主が見つかりません。
あらかじめ、地域の類似物件の販売実績なども聞いておおけば安心かもしれません。

 

下見を事前に買主候補が行います。
そして、買主が見つかれば売買契約に移るわけですが、その前にトラブルを未然に防ぐための重要事項説明が不動産会社からあります。

 

その後に売主と買主の売買契約を締結することになります。
ここで所有権も売主から買主に移転することになるわけです。

 

この売買代金の授受に当たって、不動産会社が手数料として、決められた料率を差し引いた上での振り込みになります。

空家の3つの活用法

子供が住んでいたけど引越した、親が亡くなった、などの理由で住まなくなった家がありませんか。

 

家は人が住んでいないとすぐに傷んできてしまいます。

いつまでも放置するわけにはいかないし、どうすればいいのでしょうか。

 

●人に貸す

 

人に貸すことで住む人ができ、掃除など家の整備をしてくれるので傷む心配が少ないです。

貸すことで収入も得られます。

 

賃貸マンションや賃貸アパートよりも人気があるようで、少し古い家でも借り手が見つかりやすいです。

 

若い夫婦が住んでいた家ならきれいでそのまま貸せる状態だと思います。

何年も前から住んでいる家の場合は、家の所々が傷んでいるかもしれません。

 

そのままの状態では震災があったときに危険、というのであればリフォームをしてから賃貸に出すとよいです。

 

●売る

 

家を売る場合、立地条件によって値段が決まります。

傷みがひどくなく立地条件のよければ、古い家でも高値がつくことがあります。

 

更地にして土地を売ることもできます。

今は新築マンションや新築住宅が続々と立っています。

 

土地を買い取り、新たに家を建てて住む人がいるかもしれません。

 

●そのままにする

 

老後に住む可能性もあるかもしれません。

老後のために家をそのままにしておいてもよいでしょう。

 

空家のままにする場合、ときどき換気や掃除をする必要があります。

こまめに様子を見に行ける場所にある場合ならよいです。

 

人に管理を任せることもできますが、その場合はお礼のことを考えておきましょう。

住宅の購入か?賃貸の契約か?で迷ったときの判断

住宅の購入か?それとも賃貸のアパートやマンションか?という判断は、非常に悩んでしまうところです。

どちらにもそれぞれ良い点と悪い点がありますので、その点をきちんと加味して判断しなければいけません。

 

住宅の良い点

 

住宅の良い点は、主に2点あると考えられます。

それは、ある程度の広さがあるということと、近隣住民の影響を受けにくいということです。

 

住宅だから必ず広いというこは厳密に考えると言い切れないのですが、それでも賃貸に比べれば比較的広いのが普通です。

住む場所が狭いのと広いのとではやはり広いほうがのびのびと落ち着いて暮らせますし、精神的にリラックスできます。

 

また、賃貸に比べれば圧倒的に近隣住民の影響を受けにくいです。

賃貸だと上下左右を違う住民に囲まれてしまうことがあるので、それらの住民がストレス要因になることも考えられます。

 

賃貸の良い点

 

反対に賃貸の良い点は、住宅に比べて初期の資金が安くて済むという点が挙げられます。

仮にアパートならば敷金・礼金を合わせてもそんなに大金を用意する必要はないですし、マンションに住むとなってもそこまで大差はありません。

これは、お金にあまり余裕のない人にとってはありがたい点です。

 

さらに、リフォームなどに代表されるメンテナンスを考えなくても良いのが賃貸の良い点です。

住宅環境のメンテナンスに関してはすべて大家の仕事ですから、それを賃貸の住民が考える必要はないのです。

 

このように、住宅と賃貸ではそれぞれの特徴がありますので、どちらが自分に合っているのか検討の上で選択することがとても大事です。

女性が都心で部屋探しする時に外せないポイント

賃貸物件を探す時に家賃や間取り、エリアを重視する方がほとんどだと思いますが、それだけで決めると入居してから失敗してしまうこともあります。

 

入居してみないと分からないことも多く、例えば、隣の部屋や周辺の騒音が気になる、昼間に物件の見学をした時と夜の雰囲気が違う・・特に都心でこのようなことが多いようです。

 

また、女性が都心で部屋探しをする時には、セキュリティが整っている物件を選ぶことが大切です。

 

オートロック、管理人常駐やTVモニターホン付きの物件なら安心して暮らせます。

なるべく1階は避け、2階以上の部屋を選ぶようにします。

 

都心は、駅やコンビニから近い物件が多く便利な暮らしが出来ますが、できれば、交通量の多い道路から1本、中に入った物件がお勧めです。

大通りから1本、中に入っただけで意外と静かに暮らせますし、住宅やオフィスビルが多いので、治安にも安心です。

 

それから、気にいった物件が見つかったら、下見に行くと思いますが、時間があるなら昼と夜の2回行くようにします。

昼間は比較的静かでも、夜は騒音がひどく入居をやめてしまった方もいるようですから、下見は大切です。

 

もちろん、セキュリティの他にも重視する点はたくさんあると思います。

重視する点は人によって違いますが、収納力や部屋から見える景色も大切だと思います。

 

南向きでも隣に大きなビルが建っていると日差しも入ってこなくなります。

特に女性は、日差しの入り具合も大切なので、ちゃんと部屋の日差しがどの程度入ってくるのかチェックすることです。

不動産一括査定サービスは業者の比較が簡単に行えるので便利

不動産の一括査定サービス」は沢山の業者から簡単に査定を貰うことが出来るので便利です。

 

業者の比較という部分が非常に重要となっているだけに、その業者の選定という部分では非常に有効な方法だと思います。

利用することによって一番いい業者というのが見つかりますし、自分の持っている家に強い業者というのも絶対に居るはずです。

特に地域に密着しているような業者というのは非常に強みを持っています。

 

基本的に査定というのは実際に見てもらってこのくらいなら売れるのではという金額が提示されます。

この金額を元に売却の手続きをすることとなり、完了した段階で売られていることが様々な物で提示されます。

 

後は買ってくれる方が出てくれるのを待つだけとなりますが、一括査定サービスを利用すると業者のいい所が見つけられると思うので、割と早い段階で売却が実現できる可能性もあります。

 

また査定を貰ってもすぐに手続きをしなくてもいいのが不動産の一括査定サービスの利点です。

後で決めるのでと言っておけば基本的にそれ以上の勧誘というものはありません。

 

しつこい業者に依頼するよりはすぐに下がってくれるような業者の方がいいので、そうした対応というものを見ることが出来るという利点もあります。

色々な業者を比較しながら決定できるという点ではこの方法が一番いいと思っています。

 

サイト自体は割と多いですが、有名な会社が運営しているサイトであれば割と信頼できる業者がいるので助かります。

まずは知られている会社を利用するといいです。

ルームシェアとシェアハウスの違い、その長所と短所。

ルームシェアとシェアハウスの違いは、1つの部屋を他の誰かと共有して生活するのか、1つの家そのものを他の誰かと共有して生活するのか、という所にあります。

前者がルームシェアで後者がシェアハウスです。

簡単にそれぞれの特徴を述べます。

 

まずはルームシェアの長所を見ていきます。

ルームシェアでは、1つの部屋を複数人で共有するため、家賃を分割した場合1人1人の負担が比較的小さくなりやすくなります。

 

また、これはシェアハウスでも言えることではあるのですが、家事の分担も可能となるため時間的にも経済的にもゆとりのある生活を送ることが出来るようになることもルームシェアのメリットとして考えられます。

 

続いてシェアハウスの長所を見ていきます。

シェアハウスでは家そのものを複数人で共有するために、各々が自分専用の部屋を持つことが多いです。

そのため複数人で生活を送る状況であっても、他人の干渉を少なくすることが可能となり、プライベートが守りやすくなります。

 

また、その反面、共有スペースなどが配置されることも多いために他人と関わることもすぐに出来るために生活に寂しさを感じることも少ないように思われます。

同様に何かあった際にすぐに助けを求められる安全性も長所と捉えられます。

 

それぞれの短所としてはルームシェアではプライベートを保護することが難しくなり、日々、共同生活者の干渉を受けやすいこと。

シェアハウスでは家そのものを共有するために、ルームシェアよりも1人1人の経済的な負担が大きくなってしまうことが挙げられます。

 

ルームシェアやハウスシェアを考える際には上記のようなそれぞれの特徴を知り、自身の性格や経済面を考慮した上で検討すると良いかと思われます。

東京での物件選びで重要視すること

東京は広いので、まずは通勤、通学先への交通の便を考慮して、選ぶのが第一です。

 

例えばオフィスが渋谷や青山だったら、渋谷に乗り換えなしで出られる私鉄沿線(東横線、田園都市線、井の頭線)沿線。

(この沿線はいずれも高級住宅地なので、相場は高めですが…。)

 

八王子の大学に通うのだったら、八王子と都心との中間にあたる中央線か京王線沿線といった具合です。

オフィスが銀座や丸の内だったら徒歩圏にJRも地下鉄も複数乗り入れているので、通勤の便の良い場所は、ぐんと広がりますね。

 

覚えておきたいのは、交通の便や治安の良い場所は、総じて家賃が高めだと言うこと。

女性の一人暮らしなら、治安は絶対にチェックしたい項目ですよね。

 

ただ高級住宅地でも、駅前商店街に近いあたりには単身者用の賃貸物件が見つかったりするものです。

その中で築年数が古いものは安く借りられたりする場合があるので、一応探してみる価値は、あるでしょう。

 

普通の住宅地で治安の問題がなさそうなエリア、かつ、世田谷や杉並ほど相場が高くない場所といったら、練馬あたりはいかがでしょうか。

普通の住宅地で駅前商店街やスーパー、コンビニも多く、生活も楽な場所です。

 

西武池袋線や、板橋になってしまいますが東武東上線の沿線は、地下鉄の相互乗り入れで、銀座にも新宿にも渋谷にも乗り換えなしで行かれます。

 

交通の便から言っても最高ですよ。

あと、銀座や新橋に通うのであれば、穴場は都営浅草線の五反田から先のエリアだと思います。

 

最後になりますが、同じ沿線でも、場所によって治安の良さが異なってきます。

極端な場合、同じ駅の線路の片方が治安がOKで反対側はひったくりや空き巣が多かったり、というケースも中にはあります。

 

それにそのエリアの治安が良くても、アパートの構造や場所によって忍び込みやすいところもありますし。

都会暮らしが初めてであれば、できれば信頼できる女性の先輩に付き添ってもらって、物件を選ぶことをお勧めします。

マンション引っ越しを安くすませるには

家族でマンション引っ越しをするとなると、荷物や家具の量が相当多いので、引っ越し代もバカにならない金額になってしまいます。

 

そのため、少しでも引っ越し費用を安く抑えるには、いくつかポイントがあります。

 

まず、基本は複数業者に見積もりを取って比べる事です。

オプションの料金等もよく見比べて、トータルして安い業者を選択するとよいです。

 

業者選びも、大手引越センターよりも赤帽などの個人の引っ越し業者にたのむと驚くほど安くすむ事もあります。

また、荷物の段ボールなどへの梱包も、オプションでやってくれる所もありますが、自分たちで事前に梱包をしておけばその分安く済ませることができます。

 

あとは、これを機に、いらないものはどんどん処分してしまって、荷物をなるべく少なくする事も大事だと思います。

荷物が少なければ、引っ越しマンション先でも部屋を広く使うことができますので一石二鳥です。

 

あとは、引っ越し料金は繁盛期や閑散期でだいぶ変わってきます。

そのため、閑散期の平日に引っ越せばお得です。

 

時間も、午前中は人気なので夕方の引っ越しにすると安いということもあるようなので、業者に確認してみることをおすすめします。

 

分からない事はどんどん業者に質問してみると、知らなかったお得な情報が得られることもあるので、まずは疑問点を整理して質問してみると良いでしょう。

 

業者によっては、値引き交渉に応じてくれる事もありますので、ダメもとでも、もう少し安く抑える事ができないか交渉してみる価値はあると思います。